泣きそう

「ママ、おやすみ」

次男が声をかけてきたので、

顔を上げて、「おやすみ」と言った。

階段を途中まで下りる音が止まり、戻ってきた。

「どうしたの?」と聞かれて気がついた。

私の目から涙がこぼれていた。

「え?」というと、

「ああ、眠いの?明日7時に起こしてね」と、また下りて行った。

おお、私が泣いていると思って、戻ってきてくれたのかな?

そういうところが次男はかわいい。

涙の理由はパソコンのし過ぎと、あくびをしたから。

でも、彼の優しさにちょいと泣きそうじゃ。

 

アイキャッチは7年前。
今は写真を撮らせてくれない。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。