物々交換で〝まなぶ〟

小学二年生の長女、幼稚園年中の次女、3歳の長男…

三人兄弟の我が家。

 

最近頻繁に行われる物々交換。

いや、取り引き?

人生の駆け引きとでも言うべきか。

 

 

今日はお昼寝で食べ損ねたアイスを、夕食後に特別に、末息子に食べさせた。

もちろん、長女、次女はオヤツの時間に食べている。

 

それを一口貰おうと、まとまわりつく次女。

「げんちゃん、一口ちょーだい」

と、いつもより甘く優しいトーンで声をかけるも、

「やだよーー」

と、3歳の息子は冷たく言い放ち、美味しそうにペロペロ食べている。

 

5歳の頭で必死に考える次女。

ゴソゴソ何をしだしたのかと思えば、

自分の洋服棚に隠し持っていた〝グミのぷっちょ〟を取り出してきた。

(そんな所に隠してたんかい!とココで母は衝撃)

そして、交渉を始める。

「げんちゃん、ぷっちょ一個あげるから、アイス一口ちょーだい」

ペロペロとアイスを舐めながら、ぷっちょをチラ見する息子。

少し沈黙の後、黙ってアイスを差し出した。

 

躊躇なく、ガブリ!!っと、大きな大きな一口で食べる次女。

 

あまりの一口具合に、ショックを隠せない息子。

しかし、交渉成立したので文句は言えない…

またペロペロと息子は食べ始めた。

 

そこへまた、次女が続ける。

「げんちゃん、もう一口ちょーだい!」

息子はもう嫌だと首を大きく振る。

「じゃぁ、今度はぷっちょ2つあげるから!」

と粘る次女。

交渉成立でアイスをまた一口ガブリした。

 

そんなやり取りを黙って横で見ていた、小学2年生の長女が、いきなり言い放つ。

「ねぇはーちゃん、そのぷっちょと、ミカン交換しない?」

とまた新たな交渉開始。

ぷっちょ残り全部と、今日のデザートみかん一個。

次女はかなり迷う。

みかん好きの次女の心をくすぐる、さすがの姉。

てか、そんなに、ぷっちょの価値ってある?と突っ込みたくなる母だが、黙って結果を見守る。

結果、交渉成立。

長女はぷっちょを、次女はみかんを手に入れた。

黙って黙々と食べる3人。

一応、平和な結果?!

 

毎日のように繰り広げられる、こんなやり取り。

交渉の仕方に個性があり、

それぞれ価値をおいている物が違うのもまたそれぞれで面白い。

なんだか〝生きてる〟感じがする。

〝生きていく力〟を学んでいるなーと思う。

側から見たらしょーもないやり取りも、

彼らにとっては刺激的で重要なサバイバル。

そんな時間を側からクスクス笑いながら、お皿を洗っている私。

今日も平和で感謝です。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^