手づかみ食べ記念日-お掃除大変になる…

連日記念日が続く息子。

今日は満を持して(私がめんどくさがって今日初めてなだけ…)、手づかみ食べ!

お昼に卵焼きを出してみたところ、20分近く観察し触わりつぶし、食べる気配ゼロ。
私が手でつかんで口元に持っていっても拒否。
こうやって食べるよーと見せても無視。

普通にスプーンで出されたごはんを食べつつ、いじってはいた。

初回だし食べないなら片付けるか、と思い他のお皿を片付け始めたら、口にパク!
満面の笑み。

自分に拍手~

そこからひたすらにこにこしながらパクパク。
たまにドヤ顔。

夕飯はじゃがいもとにんじん。
お姉ちゃんから母からも「すごいねぇ、上手だねぇ」と持ち上げられますますパクパク。

すごいがっつく!

最近、つきっきりでごはんをあげてないと自分に集中してほしい!と文句を言うようになった息子だけれど、自分でいじったりパクパクしたりしている間は、私もごはんが食べられるように!

懸念は椅子や床の掃除がめんどくさいこと。
(だから娘の時は、余裕なかったし離乳食食べないことをイイコトにやらなかった気がします…)。
あと手づかみ用の何かを用意しなくてはいけないこと。手間が…。

でも、あんな嬉しそうに食べてくれるならちょっと頑張るか…(気は重い)。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/