涙をリクエスト

※チェッ◯ーズではございません。笑

先日、息子の泣き顔の写真を送ってとのお声がけを頂き
スマホのデータを遡って探していた。

改めて振り返ってみると
同じ涙でもそこにはちゃんと
成長の軌跡があることに気付く。

新生児期。
隙あらば泣く。
理由は空腹、眠気、正体不明の不快感など
本能的なものばかり。
この時期はこちらがしてやれることも少なくて
抱っこ、抱っこ、困ったらおっぱい。
おかげで乳腺炎一歩手前までいってしまった。
 

3ヶ月頃まで
お風呂では毎晩大泣き。
視界がハッキリしない中での
恐怖感のようなものらしいが
お陰でお風呂担当のとーちゃんは
いつも落ち込んでいた(今はご機嫌に入ってます)。

7ヶ月頃。
「バナナプリン」という市販の離乳食が
大好きだったため
プリンだと思ってご機嫌にお粥をパクンした後、
甘くなかったショックでギャン泣き!
という、コントのようなムービーが
しっかり残っている。
「嫌い」「まずい」で泣いた
初めての瞬間かもしれない。

好奇心旺盛になった1歳頃からは
“お口で研究中”の物(クッションマットの端っこ、とーちゃんのベルト他)を
かーちゃんに取り上げられて「ぎゃーっ」、
勝手に歩き回って転んで「うわーん」(まぁそうなるよね)、
積み木が上手く積めなくて「びえーん」(知らんがな!)
「悲しい」「悔しい」「びっくり」などの
涙バリエーションがどんどん増えてきた。

印象的だった涙は2ヶ月ほど前。
ご機嫌にEテレ『いないいないばあ』を
見ていたのだが、
うーたんが積み木をガシャンして
泣いてしまうというシーンで突然の号泣。
「偶然?びっくりしたのか?」と
その場ではすぐ忘れたけれど、
全く同じシーンで同じように泣く
という現象が数日間続いた。
確実に「共感」で泣いていると実感できた出来事。

もちろん3日目辺りからは、
そのシーンになる前にカメラ待機!笑
無事、遠方のおじいちゃんおばあちゃんにも
かわいい共感泣きをお披露目できた。
(本来放っておいてもご機嫌なEテレゴールデンタイムに泣かれるのは若干困りものだけど)

そして今日、
お昼に予防接種があった日(接種時はもちろん大泣き)。
お風呂あがりに、自分の足に貼られた
アンパンマンの絆創膏を発見。
急にそれを指さし
接種時と変わらないボリュームで大号泣し始めた。
なだめるのに手こずったものの
「過去の出来事を思い出して泣く」というのは初めてでは?とちょっと感動。
これまでの涙の理由はどれも、
今、目の前で起こったことばかりだったから。

病院関係はトラウマなども気になるから
あまり喜ばしいことではないけれど、
それも含めて
そういう感情の心配をする月齢になったんだなと
なんとも感慨深い気持ちに。

まだ1歳半。されど1歳半。
泣き顔ひとつにもこんなに歴史がある。
どれも、もう見慣れないシーンかもなぁと思うと
「もう一回!」と涙をリクエストしたくなる。

まだ言葉は話せない息子だけど、
彼の目や耳がどんどん世界を知覚し始めていることは見ていれば分かる。
伝える手段が限られる中で
「泣く」というのは、
今の息子にとって
とても大事なコトバなのだろう。

そんなに泣かないでよ〜、と言いたくなる時もあるけど
今しかないこの時、
息子の懸命のコトバに
なるべくじっくり寄り添ってあげたいと思う。

これはたしか「窓を開けたいが届かない」という時の涙

ABOUTこの記事をかいた人

杉本 蘭

京都出身、9年間の横浜暮らしを経て 現在は都内で子育て中の新米ママです。 趣味は読書、ボードゲーム、時々マンドリン(弦楽器)。 日々の子育てを発信しながら 皆さんと情報交換できたらと思います♪