お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お母さんのお腹はキャンバス

私事ですが、12月に第四子の出産が控えています。

 

自粛期間中の悪阻、コロナ禍での妊娠、出産にはじめは戸惑いと不安がありました。

でも子供たちは、日に日に大きくなる私のお腹を見て「赤ちゃん楽しみ~」「名前何にする~?」「オレが抱っこしてあげる!」と楽しみにしています。

そんな姿を見て、先日思い立って私のお腹に絵を描いてもらいました。

俗に言うマタニティペイントです。

 

「この色はここ!」「ここにこれを描きたい」「ここをこんな風にしたかったのにー」っと想定内の喧嘩で押し合いへし合い!!賑やかな一時でした。

賑やかな声もお腹に届いていたのか、赤ちゃんもその時はよく動いていて、お腹が変形するところも子供たちは感じ、何回もお腹に話かけていました。

 

私にとっても、子供たちにとってもはじめてのマタニティペイント。

 

子供画伯たち見事でした。

2件のコメント

竹林さん。

4人目、びっくりした~。
素晴らしい。エライ! good job!! 楽しみ。

子どもたちだけでなく、おなかの赤ちゃんも、お兄ちゃんたちに会えるの、楽しみにしているね。

4人目,,,,,,.? どっちかなぁ?

うちの孫は、4人目でようやく女の子。
家来が3人いる、女王です。

私は、その4人の家来です。

楽しみですね!

横須賀の未来です。

いいな~4人目♪
おなかのボディペインティング、プロの方が描くものもあるけれど、
子どもたちが描いた思い出は一生ものですね。
きっと、おなかの赤ちゃんも笑ってるだろうな~。

コメントを残す

ABOUT US
竹林光未
和歌山県から横須賀市へ嫁ぎました。7歳、5歳、3歳の男の子3人と0歳の女の子 3男1女子育て真っ只中です。 「明日は今日よりいい笑顔」を大切に日々過ごしていきたいです。