長女からの初めてのお弁当

長女11歳『ママー!見てみてー!ママのお弁当作ったよー』

私『わー!!すごい!ありがとう!!』早速、母に自慢ヽ(*´∀`)ノ♪

私44歳『お母さん、見てみてー♪私のためにお弁当作ってくれたよー』

母68歳『おやまぁ‼️凄いねぇ💕嬉しいねぇ💕美味しいねぇ💕』と返信が。そして、きっと、『母さん、ひ孫が孫にお弁当作ったげなですよ(って言ってる※ここは妄想)』

おばあちゃん『すごいねー。嬉しいねぇ。偉いねぇ(^-^)』(多分、天国で微笑んでると思う。※ここも妄想)

 

そんな妄想で、幸福感に包まれた2020年12月19日土曜日のランチ。

長女ありがとう!こんなに嬉しくて、美味しいお弁当、初めて食べました。今日の日を、何度も何度も思い出すと思います。本当にありがとうね。

開けるときワクワクしたよ

なんと!お手紙つき!

卵ハムチーズサンドイッチ。ボリューミ~(о´∀`о)黒豆に枝豆(笑)長女が名付けた『お豆もりもり弁当』だそうです。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。