クリスマスにいただいた2つのプレゼント

今年のクリスマスは思いがけない2つのプレゼントをいただいた。

一つは
若いお母さんがたくさんの心ある人たちの手を借りて
新しいスタートを切る瞬間に、ほんの少しだけど立ち合えたこと。
3歳のお子さんとお腹にいる子どものために
キッパリ前を向いてがんばろうという姿が美しかった。
「つわり、大丈夫?」と聞くと
「いろいろスッキリしたら楽になりました」と笑った。
母は強し。
強くあろうとがんばっている。
そんな母を見る子どもたちも強くなるんだろうな。

そしてもう一つ。
バス停で一緒になった母子と話した。
屈託なく話しかけてくれる保育園児の男の子。
お腹空いたからと、アンパンマンのパンをニコニコしながら食べ出した。
「おいしいよ~!はいどうぞ!」と小さくちぎって渡してくれる。
お母さんは恐縮されてたけど、喜んでいただいた。
こんなときだけど、風が冷たいバス停のベンチだけど、
「寒いね~」と言いながら食べるパンはめっちゃ美味しかった。
ほんの数分の出来事だけど
「パンをあげたおばちゃん」として覚えてくれてるかな?

こんな出来事があちこちで起こってくれてたらうれしい。
母子と関わることができて幸せなおばちゃんより。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪