彼の頭はドラえもんでできている

わが家の長男(小3)は博識だ。
クラスのみんなから、
「わからないことがあったら、はるくんに聞けばわかる」
と言われているらしい。
別名【歩く辞典】と、担任の先生は言っていた。

その歩く辞典の知識は、ドラえもんからできている。

正確には、
ドラえもんのマンガを用いた学習本のおかげ。

最初のきっかけは忘れてしまったが、
ちまちま買い足していったら、結構な数になった。


「お母さん、黒サビと赤サビの違いってわかる?」
「え、なんだろう?なんではるくん知ってるの?」
「ドラえもんに載ってた」

こんな会話は日常茶飯事。

ドラえもんのおかげで、
彼の知識好奇心はどんどん満たされている。
ありがたや。

ちなみに、
普通のドラえもんのマンガにもお世話になっている。


大長編ドラえもん。これは半分夫の趣味。

お勉強も息抜きも、
ドラえもんさまさまである。

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

MJプロ1期生。 小学4年生と幼稚園年少の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。