コロッケ

末っ子(小1)と母校まで歩いた。

今のわが家は中学校も小学校も徒歩10分。
それでも送ってーとか、もっと近かったらよかったのにーとか言うので、
私が子どもの頃は、30分以上歩いて通っていたんだよと話したからだ。

ここで寄り道してた、とか
ここに文房具屋さんがあってねり消しとか匂い玉を買ってた、とか
こっちの道もあるけれどこっちからも行ける、とか
この電信柱にぶつかったことがある、とか
この家の男の子はドラえもん好きだった、とか

小さい頃を思い出しては説明しながら歩くと、あっという間だった。

大きいと思っていた公園や川が、実はめちゃくちゃ小さかったことにビックリ。

ふざけて笑いながら、
こけて涙を流しながら

走ったり歩いたり、時にはスキップしたりしながら歩いた道

まさかわが子と歩くとは思ってもいなかったな。

また歩こう。

今度はどんなことを思い出すだろう。

タイトルは、末っ子一花の今日の寝言。
「コロッケ」と一言だけつぶやいた。
いったいどんな夢を見たのやら。

寝言のコロッケと私の母校への道のり。
末っ子にはどんなふうに見えているんだろうな。

 

 

2 件のコメント

  • タイトルのコロッケと写真がどんな繋がりなのか、すごく気になって最後に判明!!かわいい、コロッケ。私世代はものまねの…
    を思い出すかも(笑)昔の思い出を辿りながら、娘と歩く。やってみたくなりました。
    でも、まだまだ帰省できる状態ではないですね、情景も学校までの道のりも、全部思い出せるけれど、景色は変わっているんでしょうね~センチメンタルになりました。
    そうそう、学校のすぐ近くに必ずありましたよね、文房具屋さん!!駄菓子も売っていた。「紐付き飴」や「おばけけむり」を買っていたのを思い出しました。

    • まきさん
      コロッケだけ言ったんですよー、もう夜中に爆笑しそうになってこらえるのが大変でした(笑)

      駄菓子屋さん、もうなくて。。。
      公園もなんだか物寂しくて。。。

      寄り道をしたら先生に怒られるって言われたり
      フェンスをよじ登って向こう側のどぶ川に降りてたと話すと「そんなことやったらいかん」と言われたり

      こんなちっちゃな冒険が楽しかったのに、なんだか今の子はもったいないなーとちょっと残念にも感じました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    池田彩

    お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪