愛しいということ。

少し、嫌なことが重なってしまったうえ、台風の雨で外に出られない日曜日。

夫は夜勤に備えて眠っており、子どもと二人だけ。

ちょっとしたことだったのに、八つ当たりしてしまった。

大声を出してしまった。

そのあとは特に何もなく、こうして図書館でかりた図鑑を一緒にみて、母は「これなあに?」「これ知ってる?」の質問攻めに笑いながら答えていた。

夕方17時過ぎ、ごはんを炊こうと子どものもとを少し離れる。

ふと見たら、このテーブルの下でスルスル~と寝てしまった。

子どもの昼寝の間、わたしは好きな音楽と本で凪の心を取り戻した。

1時間後子どもは泣きながら起きた。

なんでだろう。

目の前に誰もいなかったから?

昼間、わたしが必要以上に怒ったから?

「ゴメン」でいっぱいになってしまった夜。

一緒に、「高野豆腐と玉ねぎの串カツ風」を作って一緒にご飯を食べて、一緒にお風呂に入って、寝るまでも

私はたくさんの「ごめんね」を言った。

私も疲れていたからか、子どもと一緒に21時半には眠ってしまった。

パッと目が覚めたのは4時。

ひとりで起きて、居間で読書。

5時半すぎ、子どもの泣き声。

「ママ、おらんー」と言っていた。

わたしはもう一度、一緒に布団に入る。

ギュッと抱きしめた。

「ママはひびきが好き!」

「うん」

「なんでも食べてくれるひびきが好き!」

「うん」

「いつも笑ってくれるひびきが好き!」

「うん」

たくさんの「好き」。

わたしが守るべきもの。

そんなこんなで、

台風が過ぎたあとの、青空が妙に沁みている今日なのです。

母は在宅で仕事な今日。

コレを綴っていたら、涙ぐみそうになった。

愛しいって、こういうことだ。

笑顔で保育園に迎えに行くからね。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)