息子のひまつぶし

午前3時半、今日も夫と息子(小5)が山へ出かけた。
今、九州百名山を小学校卒業までに達成すると親子ではりきっている。
ちなみに今日の山で85座。残り15座だ。

もともとは学校が苦手で、家にいることが多かった息子に、
何か達成感を味わってほしくはじめた父子登山。

私もたま~について行くこともあるけれど、
末っ子(7歳)には、ちょっと険しすぎたり、
男二人のペースにはついていけないこともあり、
女組はだいたいお留守番、帰ってきて写真を見せてもらう。

山頂から見える四季折々の素晴らしい景色、
そんじょそこらのアスレチックには到底かなわない自然、
イノシシとにらみ合いをしたこともあるらしい・・・。

写真を眺めていると、
横から「本物にはかなわない」と言う。

そりゃあそうだろうと思うけれど、
その一言を小5の君がサラリと言えることに私は驚く。
見せかけの言葉ではないから。


昨年の冬


この前の日曜日

この1年で背格好もずいぶんと変わり、
足と手は夫と私のサイズを追い越し、
声変わりもした。

そんな心も体も急成長中の彼の最近のひまつぶし(アイキャッチの画像)は、
数字や鬼滅の刃の模様をひたすら書くこと。

「ママ、これひまつぶし」と見せてくれる。

急に大人に近づき、親離れしつつある君が、まだ子どもなんだなと思う瞬間だ。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪