お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「おひるごはん、なぁに?」の進化

DSC_4631

2才の息子。

「おひるごはん、なぁに?とばと(トマト)?」は口癖。

トマトはうちは夏しか出さない(しかも息子にはほとんど出してない)。
夏休みに小1の娘がよく使ってたフレーズをそのまま記憶して、全然関係ない時にも聞いてくるようになって早3ヶ月。

今日の昼間、急に
「おひるごはん、なぁに?かぼちゃ?」
に変わった!!

いきなりの変化にびっくり。

こういう時に子育ては面白いなぁって思う。

ぼく、絵、上手です。

1件のコメント

トマトの次は、かぼちゃか。
なかなかイケてますね。
でも、変化の瞬間に気づけた曽我さんがスゴイと思う。
ほんと、お母さんを楽しんでますね。

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/