雪のまち

今朝起きたら、銀世界。

「ゆきのまちみたい」と目をキラキラさせる末っ子一花さん。

学校に行くまでの道のりも、なかなか前に進まない。

傘いらないねって言ったり、
やっぱりいるねって言ったり。

あっという間にできた小さな雪だるま。

母は「ころぶなよーーーー、思いっきり楽しんでーーーー」と
後姿を見て思うばかり。

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪