服を着てほしい、服を着たい、息子

1才の息子は「これ、着て!」と、私の服を持ってくる。
私がリビングの椅子におきっぱなしにしたもの。
すでに着替えた後なので、着る必要はないのだけど…。▲かなり必死の形相。

でも「今はこれ着ないよ」と断ると大泣きしてしまうので、仕方なく羽織る。
▲例えば、パジャマの上にセーター。

羽織ると大満足。ニコニコ。

▲ちなみにこれは、自分の脱いだ服も肩にかけて満面の笑み。

▲ズボンでも、肩にかけて大満足。

服は着るもの、と認識できることに成長を感じつつ、パジャマにセーターだったりセーターにパジャマだったり、新たなファッションを強制される日々です…。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

MJプロ│お母さん歴約6年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母│たまにお母さん大学本部公認“企画担当” 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、体×心×頭を整えてやりたいことバランスよく挑戦するお手伝いもしています。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガインストラクター│和みのセラピスト│ライター。 *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/