ママがこの春からいよいよガッツリ仕事復帰するから、家ではこんなことが起きている

末っ子も、この春からいよいよ小学生になる。

それに伴い、育児短時間勤務の期間が満了を迎え、私もついに(気付けば8年ぶりに!)フルタイム勤務にシフトする。

これでいいのか?

ずっと、自分の時間の使い方、働き方、生き方の迷いが消えず、つい家族の前で「みんなともっと一緒にいたい。子どもといたい」とぼやいてしまう。

そんな折、「市の職員にならないか?週4で土日祝日は必ず休みだよ」と声をかえてもらい、早速話を聞きに。

結論的には、この春から、ゆったり子どもたちと過ごせるかもと夢で胸がいっぱいになれたのは、ほんの一瞬で、保険や税金で手取りはほぼないという現実に、今の仕事のありがたさを痛感。そして、やっとやっと腹が座った。

4月から、生活が変わるぞ!もう、ママは、迷ってないぞ。ガッツリ働きに出ていくぞ!

匂いがしたのか、掛け声が聞こえたのか?

それをいち早く察知したのは、やはり長女だったかもしれない。

この日を境に、長女が変わった。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。