きれいなくもの巣

昨年の秋のこと。
どこに行こうか行楽も迷うコロナ禍。
広い公園で密にならないからと淡路島へ。次女:くものす、きれいー。

母:くものす、きれいなん?
どこかにくもの巣が張ってたんかな?それにしても、きれいか?
と思ってたら、次女:この花、何ていう名前やったっけー?

母:あ、コスモスね。
コスモスの摘み取り体験をして、たぶん物心ついてからはじっくり見たり、名前を知ったのは初めての次女なのでした。

4 件のコメント

  • 目にも鮮やかな写真が飛びこんできました〜!!
    素晴らしい景色の中、可愛い写真に心躍りましたよ。今日はせっかくの休日なのに、朝から大雨で気分もどよーんだったけど、お陰さまでどーんと上がりましたよ〜♪
    くものすとコスモス、全然ちがうじゃーん笑
    でも、なんとなくの雰囲気で言っちゃった、あるあるですよね。

    • 金曜の夜は、関西も大雨でした。天気予報で聞いてた以上の大雨で、雷も轟いて本当びっくりしました。
      雨の気分が晴れたと言ってくれてうれしいです。
      何となくの雰囲気、まさにそんな感じでした(笑)

  • 絵になるふたりですね。

    ほんと、田端さんがいうように、横浜は雨で、

    しかも、今日は、テンションが下がっていたので、

    朝から、かわいい2人に癒されました。

    でも、2人が、くもの巣といっても、イメージできましたよ。

    よく見ると、くもの巣は、芸術作品。

    時間かけて、つくったのだろうと。

    • 絵になると言って下さり、ありがとうございます。
      一昨日の大雨は日本を横断していったんですね。関西も金曜の夜は雷が轟いていました。
      「くものす」からイメージできましたか。
      そう言われてみれば、くもの巣は芸術品、そういう見方もありますね。
      雨が滴ったくもの巣なんてきれいだったりしますね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    戸﨑朋子

    MJプロ。 11歳(小5)と7歳(小2)の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。