お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

頼もしや

仕事が終わって、保育園迎えに行って、帰りにスーパーで買い物。
疲れたー、夜ご飯作りたくないー、ってことで惣菜を買った。
ふう、と車に戻ると家にいる長男から電話。
「ママ、チョコ買ってきて」
「あ、うん。わかった」と電話を切る。

はー、戻りたくないなー。
かといってコンビニで買う?
いやいやいや。

横にいた、とも君にお願いしてみる。
「ねえねえ、しょーたがチョコ買ってきてって。とも君、行ける?」
「いいよ!」

車を降りて駐車場からスーパーの店内へ。
離れていたので、店内の様子は全く見えない。
信じて待ってみる。

でも、なかなか戻ってこないなー。

ようやく走って戻ってきたとも君。
「あのね、前の人がたくさん買ってて時間がかかったんだよ」と教えてくれた。

三男坊は、たくましいな。
ありがたいな。
私も、たくましくなったな。

4件のコメント

三男ともくんがもうこんなに立派なんですねー!
安達さんから余裕を感じたのは、この辺からでしょうか?
いつか息子くん達とお会いできる時を楽しみにしてますー!

コメントを残す

ABOUT US
安達真依
お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな7歳9歳11歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、