「おかーたんにあいたい」

私はなぜかいつも忙しい。
専業主婦なのに、
いや、だからなのか、
常に家の中を走り回って家事をやっている。
特に朝と夕方はバタバタしている。

そうしてると、3歳次男がとことこ近づいてきて、

「おかーたんにあいたい」

寂しいのか、構って欲しいのか、そう言ってくる。

私に余裕がある時は、
一旦手を止めて、座ってしばらく抱っこする。
余裕がない時(手を止められない時)は、
立ったままギューッと抱きしめたり、
「お母さんにくっついてなさい」と太ももにしがみつかせたりする。

寂しい、とかじゃなくて、「あいたい」。

一般的には、
「家事なんかほっといて子どもと遊びましょう」
とか言われるけど、
私は、家事はほっとけない性格。
家はきれいに保ちたいし、洗濯もしたいし、ご飯もお菓子も作りたい。

ごめんね、こんな性格で。
本当はもっと構って欲しいよね。

だから、
「おかーたんにあいたい」
って言われるたびに、心がチクッとする。

あと一週間で幼稚園入園。
もっと構ってあげればよかったのかな。

子どもの心を満たすことと、自分の欲求を満たすことのバランスは、
本当に難しい。

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

MJプロ1期生。 小学4年生と幼稚園年少の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。