かわいい訪問者

「ピンポーン」 インターフォンが鳴った。「あの、えっと・・・」インターフォン越しに聞こえるかわいい声。 モニターを覗くと、頭の端っこだけが映ってる。子どもだな。もしかしたら、おとなりのちいちゃん(4歳)が回覧板持ってきてくれたのかも! 出てみると、あれ?知らない女の子だ。ちいちゃんよりちょっと大きい。

(私)「こんにちは どうしたの?」

(女の子)「今日、おうちにピンポンする約束だったから」

(私)「そうなんだ。もしかしたらおうち間違えてるかも。」

(女の子)「・・・?」

(私)「お友だちのお名前分かる?」

(女の子)「えっと。えっと。○○くんのお友だちで、名前は・・・」

名前、忘れたんか~い!(笑) 小学一年生かな?仲良くなりたてのお友だちのおうち探してるのかな?

(私)「えっとね、おばちゃんのおうちには、中学生の男の子と女の子と、高校生の女の子がいるの。」

めっちゃびっくりした顔してるやん!

(女の子)「ここじゃないかも」

道に出て近所の家を見渡した女の子、「あっ!ここじゃなかった!」と不安げな顔が一変。満面の笑みで歩き出した。ちょっと歩くと思い出したみたいでかけだした。「わかった!」

私が「車に気をつけてね~」と手を振ると、「バイバーイ」と手を振り返してくれた。そして全速力で駆けていった。

うふふ。こんなことがあるんだな。かわいい訪問者のおかげでルンルン気分。素敵なプレゼントもらったみたいだ♪

ABOUTこの記事をかいた人

岡本京子

お母さん業、いや、お母さん道、修業中。 子どもたちに、世の中に、鍛えられとります。