続きをまたやりたいね、と思えた浅漬けの会

昨夜、土曜日の22時~23時という時間設定で、
子どもを寝かしつけて参加してくださいね、と開かれた浅漬けの会

主催は、お母さん大学歴5年と3年という、
浅漬けとも古漬けともいえない微妙な漬かり具合の
脇門比呂子さん、そしてアシスト役の岸千尋さん。

自分たちが「お母さん業界新聞」に出会い、お母さん大学に入ってペンを持ち、
新聞をつくったり、配ったり、いろんな人と出会ったりするうちに、
どんどん世界が広がっていって、子どもがかわいくてたまならくなったこと。
「私、お母さんとしてけっこうがんばってるじゃん」と、
自分で自分をほめて認めてあげられるようになったこと。
自分だけじゃなく、周りの人や未来にまで目を向けられるようになって、
毎日が楽しくなったこと、ラクになったこと。そんなことを伝えたい。
そんな気持ちから、お母さん大学に入学間もない方々に声をかけ、開かれた会でした。

「本当はもっともっとみんなでお話をしたかったのですが、
時間に限りがあり残念な気持ちも。。皆さん大丈夫だったかなぁ
…」と、
今朝一番で、岸さんが記事を書いていましたが、
このセリフの通り、責任感の強い2人は、モヤモヤした気持ちで昨夜は寝付けなかったようです。

が、まずは2人に言いたいです。
昨日はお疲れ様でした。とてもいい会だったよ、と。

進行役の2人は時間のことが気になって気になって、言いたいことも我慢して…。
参加者の皆さんの言葉に、コメントしたい気持ちもおさえての進行で、
さぞかし不完全燃焼だったかと思いますが。

会の終わりに、今日参加してみてどうでしたか~?の問いかけに、
参加していた皆さんの手が挙がらなかったのは、
時間を気にしている2人への気遣いからだったと思います。

本当はひとこと言いたい。でも、みんなも話さないんだから、私もここは控えて、
会が早く終わるようになんとか協力しようという、
お母さん大学生の皆さんの、他者への思いやりですね。

それがわかったのは、
最後の「ではありがとうございました。皆さんおやすみなさ~い」というシーンでの
一人ひとりの表情です。

最初はみんな、脇門さん&岸さんてどんな人だろう?
自分は何を話せばいいんだろう?と、緊張もしていたでしょう。
若干、顔がこわばっておりました。
が最後は、すっぴんだけど、本当に美しい母たちの笑顔が並んでいましたよ。

「子どもも寝かしつけたことだし、本当はもっと話していたいけど」という気持ちで、
最後の最後まで一生懸命に手を振ってくれていた皆さんを見ていて、そう思いました。

やさしくて、一生懸命で、小心者で、健気な進行役の2人のためにも、
浅漬けさんたちの感想を聞かせてもらえたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

参加者12人が、一人ひとり自己紹介をして40分経過。
そのあと「きゅうりチーム」と「だいこんチーム」に分かれてのトークも
8分間では、全員がしゃべれなかった!けど楽しかったー!!
そもそも1時間の会では無理だったよね。またリベンジしませんか?

素敵な笑顔が並ぶ写真をアップしたかったんだけど、
皆さんすっぴんでNGかもしれないので、トップ画像は浅漬け写真にしておきますね。

5 件のコメント

  • つたないアシスタントで、、皆さんにも気を使わせてしまうなんて、申し訳なかったです。。
    もっと話したかったー!って想いをこれからのあちこちでご一緒できたらいいなと言う気持ちでいっぱいです!
    浅漬けの皆さんとのきっかけを作ってくださりありがとうございました。
    浅漬け画像のジャック続くかなー!?なんだかトップ画が浅漬け作りの会したの?という風景になったら面白い…?笑

  • 岸さんの大根チームでした。
    岸さんは、細やかに説明してくれましたので、とても分かり易かったと思います。
    お母さん大学生はペンを持ち、実名で発信します。お母さん記者の記事に嘘はありませんということが、一番信頼できる部分かと思います。
    そのことは、お母さん記者グレドにもありますし、信頼できるお母さん達の記事を読んで、共感したり、気付きがあったり、また、記事が増えていく度にその方のストーリーを知り、とても身近な存在となりますから、不思議です。
    そして今は、オンラインで繋がる場所があり、素敵な出会いの入り口となります。この度は、浅漬けの会を企画して頂き本当にありがとうございました。

    昨日のスッピンお母さん達のzoom画像、母力溢れた!?素敵な笑顔は何よりも美しかったんじゃないかなぁなんて。青柳さんがアップしないでいてくれていますが、わたしはzoom画像をアイキャッチにすることをNGって人はいないんじゃないかな〜と思います。そんなどアップでないですしね!?笑笑

  • 浅漬けの会、ありがとうございました
    お疲れ様でした✨
    緊張してるくせにすっぴん。後になって恥ずかしいってなっちゃいましたが、とても良い出会いだったな。と嬉しくてニンマリしていました。
    わからない事にも丁寧に教えて頂きました。
    1歩踏み出すって勇気がいりますが、少しずつでも書いていこうと
    思いました。
    私もお母さん大学を楽しみたい!と思っています。

  • 〉やさしくて、一生懸命で、小心者で健気な2人。愛がたくさん詰まった2人の紹介、その通りですね。
    参加してみての問いに手が挙がらなかったのは、私も皆さん時間を気にしてだと思います。
    だから、2人にはモヤモヤしないでもらいたいです。私も感謝を伝えたい!
    開いてくれてありがとう!と。
    12人のはじめましてが1時間、確かに時間的に厳しいですね。リベンジしたいですー!!(って、また私参加する気です、、ダメか)

  • 青山さんー!優しい浅漬けレポートありがとうございます!!
    なんだか結局みんなのコメントに励まされて、笑顔にしてもらってるのはわたし達!
    誰のための会だったんだ?と、古漬け母さんたちからツッコまれそうですね。
    浅漬けのお母さんたちと繋がれたご縁を大切にしていきたいです!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集部 青柳 真美

    お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。