1羽のコトリと3人家族。そして「学校給食」。

とっちゃん、来たる。

5月3日、セキセイインコを1羽、我が家で飼うことになりました。

生後1か月ほどのヒナ。名前は「とっちゃん」。

娘が名付けました。

インコを飼うことにしたのは、きっかけがあります。

4月、小学校入学し。3日目にして登校拒否を起こし、「小学校いやだ~」の日々が始まりました。

そして「なんでうちには、お友達おらんの?妹か弟、なんで産まんかったん?」と、しくしく泣いたのです。

(「母ちゃん、身体が病気になってさ…」と説明したけども、難しいですね)

これには、小学校では“遊ぶ時間が少ない”という背景もあったんだろな、と思います。

朝早く学校行って、帰ってくるのは15時。

宿題もあって、遊ぶ時間なんて、ありゃしない。

働く母にも余裕がなく、「もう夕飯の準備しなきゃ」と、その日が終わっていく…。

その日は本当に長い時間泣いていました。

「よし!インコちゃんを飼おう」「5月あたま、買いに行こう」

こんなエピソードがあったのです。

とっちゃんが我が家に来て、日々のお世話と放鳥で、娘もてんやわんや。

登校拒否はなくなりました。

「あぁ、学校やだな」と言いつつも「学校楽しい」と言ったり、なんやかんや、小学校に通っています。

だけど、だけど、そもそも…の話。

学校は何のために始まったシステム?

紐解けば、現代社会に合っていないことがみえてくる。

必要なことは変更していけたらいいのに。

変わることにもっと緩くならなければならないのだろうな。

変化が嫌なら、更新という言葉に置き換えたい。

重い制服もそう。

せめて制服がなくなったら、もう少し過ごしやすくなるのだろうなぁ…

一年生は、合ったサイズよりも大きめを購入する。金銭的にも仕方がないのだけど、親都合だよね…って。

黙って食べなければいけない給食の時間。

本来なら、一番楽しい時間なはずなのに。

マスクをつけて授業。体育も。

朝早くから長時間。

辛いだろうなぁ…と思うのです。

学校給食の食材だって、もう少し添加物を減らせたらなぁ。

「食育」は、一番の学びになるのになぁ。

何でもかんでもSDGsと叫ぶより、ずっと地続きで大切なことだと思うのに。

香川で、とーっても美味しい、本当に無添加のお豆腐をつくっている「くぼさんのとうふ」の代表・久保さんにインタビューをし、その心は強くなりました。

良かったら、読んで頂きたいです。

風景をつくる”農”ーくぼさんのとうふ 久保さんのまなざし

 

https://note.com/naho1222/n/

ということで、私自身、アクションを始めます。とはいえ、焦らずに。

いつか、この話の続きが書けたらいいなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)