リアル新聞配達

今日は、新聞配達の一日だった。

車の運転が出来ない私は、
(あれ?去年のお正月にペーパードライバー返上の記事を書いたのでは・・・というツッコミは受け付けません(笑))
どこに行くにも自転車、バス、電車。

それをFacebookに書いたら、
福岡の智原さんが「リアル新聞配達だね」とコメントをくれて、
まさにそうじゃん!と、タイトルに採用。

************

子どもたちをそれぞれ学校と園に送り出し、
洗濯をして、身支度を済ませ、
新聞を手提げに入れて、9時半に家を出発。

自転車で最寄り駅まで行き、電車に乗って最初の目的地である自然食料品店へ。
駅から10分ほど歩いて到着。

「いつもありがとうございます。
いい新聞だから、どんどん広がって欲しいですね」
とお店の方に言っていただけて、
ホクホクうれしい気持ちで、駅に戻る。

また電車に乗り、自宅最寄り駅まで戻って、
そこからは自転車に乗って、次の目的地へ。

岡崎市の総合子育て支援センター、
岡崎市の中央図書館、にそれぞれ配達。
緊急事態宣言中だからか、
公共施設にあまり人が来ないので、
前月号の新聞がダダ余りで、少し凹む。

凹む気持ちを引きずりながら、
最近通っている漢方薬局へ自転車を走らせる。

そこで、
「よかったら読んでください」と薬剤師の先生に新聞を渡したら、
「あ、これ知ってるよ。以前もらったことあるよ」と言われびっくり!

「いい新聞だよね、うちも応援させてほしいな」
と言っていただけて、
さっきまでの凹んだ気持ちが一気に凸へ!

ルンルン気分でさらに自転車を走らせ、
次の目的地の、自転車屋さんへ。
我が家がいつもお世話になっている自転車屋さん。
前月号はすべてなくなっていて、これまたルンルン♪

清々しい気持ちで帰宅。
パンパンになった足を休めるべく、1時間ほど昼寝して、
その後、次男を幼稚園まで迎えに行く。

「おかーしゃん、ミスタードーナツ行きたい」

・・・。

一旦家に帰って、次男を着替えさせ、
再び自転車に乗り、ミスタードーナツのあるショッピングモールへ向かう。

一体今日はどれだけ走ってるんだ?
調べてみたら、20キロくらい走っていた。
電動自転車とはいえ、さすがにしんどい。

ドーナツを食べ、
ゲームセンターで太鼓を叩き、
さぁ帰ろう、と外に出たら、西の空が真っ暗。

げ、ゲリラ豪雨が来るかも、早く帰らねば・・・と、
次男にヘルメットを被せた途端、ポツっと・・・

こりゃやばい!
と急いで走り出したものの、
あっという間に土砂降りに。

服もカバンもベタベタ、
髪の毛からは水が滴り落ちる、
後ろに座っている次男は、私が壁になってるからか、そこまでは濡れずに済んだ。

家に入って、玄関で服を脱ぎ、
2人でお風呂に直行。
ベタベタの服は洗濯機に入れ、
カバンは中身を出して乾かす。

やれやれ。
最後の最後まで今日はいろいろありまくり。

でも、リアル新聞配達な一日、心地よい疲れ。

土砂降りの中帰ったのに、
家に着いたら小降りになったのは、自転車あるあるネタ。

岡崎市内を自転車で爆走している姿は、
時々友人たちに目撃されている。
これも私のウリの1つかもしれんなあ、と、
「リアル新聞配達」と命名されて思った。

これからも、愛車(笑)とともに、
配達がんばるか。

6 件のコメント

  • リアル新聞配達、おつかれさま(^^)/
    車でピュッと行くよりも、発送するよりも、
    こうして時間も労力もかけて配るからこそ、いろんな出会いや培われたものがあるよね。
    私もずいぶん長い事、同じ感じでした(^^)/
    この気持ちの浮き沈みはわかるなぁ。
    ガンジーさんが「善いことというものは、カタツムリの速度で動く」と言ってたそうです。
    ITなどいろんな進化がある現代だから、カタツムリよりももうちょっと早く~とは思うけれど、
    それでもやっぱり急には広がらない。智子さんが一人立って決意して動いているからこそ、
    着実に心から心へつながっていっているんだと思います(^^)/ これからの岡崎が楽しみだねー♪ 

    • 池田さんも通った道なのかー!
      なんか勇気づけられる☆
      どうしても私が行けないところは、岡崎の友人たちが配達してくれてて、
      (実は名古屋よりも広い岡崎市)
      そうして手伝ってもらえるのも、
      カタツムリのごとく、少しずつ広がってきた証拠かな、とうれしく思ってるよ。
      確かに、もう少し早く・・・とも思うけど(笑)
      けど、このIT社会において、アナログな「新聞」でつながることって、本当に大切だと思う!
      息遣い、温度、触感・・・
      画面越しでは伝わらない思い。
      これからもコツコツやっていきます!

  • すごいすごい!!
    リアル新聞配達お疲れ様でした。
    凸凹がまた人生を物語り、私たちもがんばろーと思えます。
    ありがとう、天野さん。
    人生色々、苦あれば楽あり、そうやって私たちは生きていると実感できました。
    ダメな時期で低迷していても、必ず良い時期が訪れると信じていられる。
    今は過程。やれることを精一杯やろうと思えました。
    今日は梅雨の晴れ間。
    お天道様が眩しいです。
    お陰様で、今日も一日頑張れそうです。
    良い一日になりますように。

    • やれることを精一杯やろう、ほんとそうですね!
      私も、岡崎での活動を始めて2年経ちましたが、
      やはりこれまでの間、
      私がやってることは意味のないことなんだろうか、
      岡崎ではこの活動は難しいのだろうか、と、
      何度も壁にぶち当たりました。
      けど、「読んでますよ」「応援してるよ」「うちでも配らせて」というありがたい言葉をいただくたびに、
      やっぱりやっててよかった、と思い直す、の繰り返しです。
      今日の岡崎はくもりですが、雨は降らなそうなので、
      昨日行けなかったところ(定休日とかだった)の配達、行ってきます!

  • 天野さん、お疲れ様です。
    一生懸命走っている姿が目に浮かびます。
    周りの人のために頑張っているのが素敵です!

    わたしも、先月号が残っているとすごく凹みます。
    活動1年少しですが、わたしのやっていることは意味があるんだろうか、と何度も悩みました。
    でも、少数ながら、励ましてくれたり楽しみにしてくれる人もいて、そんなときは嬉しくなります。

    • 青島さん、お返事遅くなってごめんなさい。
      私も、1年くらいの頃はしょっちゅう悩みました。
      ダイレクトに反応を感じる機会が少ないので、
      毎月毎月配ってるけど、これどうなんだろ・・・って思ったり。
      でも、時々うれしい言葉をかけてもらえたりすると、よっしゃあ!って思う。
      私もその繰り返しです。
      たとえ1人でも、私たちが配った新聞で救われる人がいるなら、
      やっている意味も価値も十分ありますよね☆
      お互い、素晴らしいことをやっている!
      これからも楽しみながらがんばりましょう!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    天野智子

    MJプロ1期生。 小学4年生と幼稚園年少の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。