悲報? 吉報? 着られなくなった服を棄てようとしたら。。。

小学3年生のふうちゃん。

小さくなって着られなくなった服ですが、
人に譲るのも売るのも捨てるのもダメ!
大泣き大暴れされます。

こっそりお譲り会に持っていったこともありましたが、
ふうちゃんの研ぎ澄まされた嗅覚で、
すぐ感知され、未遂に終わることもしばしば。

まぁ、その度に、
「次女が生まれるかもしれないなら、
まぁ、取っておいてもいいかな」と、しまっていました。

ありがたいことに、ふうちゃんの下には、
ゆうくちゃん、そして、こんちゃんが生まれ、
服に関しては大変助かったのですが、

一番下のこんちゃんも3歳になり、
80-90サイズは入りません。
汚れやシミも9年目ですからね~。
さすがに、もう捨てていいだろうと、
せっせとビニール袋に詰めていたら、
ドタドタドタドタ! 来た!!!

ふうちゃん「何しようと??
なんで袋に入れようと? 棄てたらダメよ!」と、
目を三角に。

私「もう着れなくなったし。。。」

ふうちゃん「ダメーーーー!!!」
ポロポロポロポロ涙涙涙涙

私の心の中( ̄▽ ̄;)
はぁ。。やっぱり、そうですかぁ。

さて、どうしよっかな。
めんどくさいやつやなぁ。

私「服だから。。着てあげないと
服として生きてられないやん?」

ふうちゃん「ダメ」

私「わかった。じゃあ、こうしよう。
一緒にきれいなとこ、使えそうなとこを
切ったり取ったりして、
それを縫い合わせて、違うのにしてぇ、
新しい命にして使ってあげるのは?」

ふうちゃん「。。。。。新しい命って?」

私「パッチワークみたいにして、
ランチョウマットとかにするとか?」

ふうちゃん「やだ。カバンとか袋がいい」

私「よしわかった。じゃあ、そうしよ。
とりあえず、着ない服はゴミ袋に入れ。。」

ふうちゃんー怖い目

私「あっ、あっ、あっ、( ̄▽ ̄;)
ゴミやないけど、
今はこれしかないけん、ここに入れよう。
『新しい命』って書いとくけん」

ふうちゃん「うん。いいよ」

というわけで、
やっと! 押し入れの中から出された服たち。

母泰子よ、いつやるのだい?
この服たちを切って貼ってカバンにするなんて。
いつやるのだ??はぁ。。┐(´~`;)┌
悲報だわ、こりゃ。

まあ、でも、ゴールデンウィークにでも、
ふうちゃんと一緒に、リメイク遊びも、いいかもね。。

あっ、!! 閃いた!

これ、夏休みの自由制作の宿題で持ってったらいいやん。
うんうん。
夏休みの宿題、一つ終わらせとけるやーん(  ̄▽ ̄)

面白い作品できそう。じゃ、やっぱり、吉報だね!

(お母さん記者/中村泰子

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。