7月11日は…

7月11日は、私の夫が亡くなった日。
もう、9年。
そうだそうだ、暑い日だった、と思い出す。
必ずお休みの日とは限らないので、
いつも前後にお墓参りに行く。
お仏壇にはお花を備えて。
それだけ。

7月11日は、もう一つ。
私がずーっと大好きな藤井フミヤさんの誕生日。
そして、今年、バースデーライブがあるという。
当然、ファンクラブ限定。
もちろん行きます。
しかも横浜。

このライブツアーは、
昨年の10月31日から始まって、
途中、コロナで延期になったり、中止になったりしながら、
やっと最終日を迎えた。
フミヤさんは40公演を完走!
声の出せないライブって想像できますか?
それでも長い間のファンとの信頼関係があるから、
こういう形態でも、ものすごい満足感を得られるし、また行きたい!って思わせてくれるライブだった。
いつか、前のようなライブができるようになったら、どれだけ楽しいんだろうって思う。

実は、
今日だけ追加された曲があって、その曲は、
今までも何度も聞いた曲だけど、心に響いた。

それから、いつもいつも歌ってくれる曲だから、
当たり前のように聞く曲だけど、
今日は、泣けてきた。
私たちだって、本当は、
遥か 遥か 遠い未来を夢見ていたから。

帰宅後、妹から「お義兄さんの命日だったね」と連絡が来たので、
ライブに行った話をした。
『こんな日に!?』
と非難してくれるかと思ったが、
「命日に別の幸せがあるのは、とてもいいね」と言ってくれた。

何も伝えていなかったけれど、お線香の香りが部屋に漂っていた。
息子に尋ねると、
つくり置きしていたカレーを食べながら、「今日、命日だから」って言った。

ああ、幸せ。
命日に、ハッピーと祝う、不謹慎な私に、夫は呆れているだろうか。
今度会えたら、一応、真っ先に謝るつもり。

10 件のコメント

  • 涙がツーっと頬を伝いました。
    7.11でしたね。もう9年も経つのですね。
    絶賛してましたから、俺の奥さんは…!って。だから、呆れてても許してくれますね。きっと。幸せでいてくれた方が嬉しいです。私なら。
    私でも知ってる名曲を歌ったのですね、歌詞を改めて見ました。
    改めて泣けてきました。

    • 菅野さん、ありがとう!
      いただいた写真縦の裏に、きちんとサインをいただいたのでしたね!
      たまに泣いて、あとの全部は思い切り笑って過ごしたい。
      これからもよろしくお願いします!

  • こんなに元気にしてる姿に旦那さん安心されてますね!
    命日を当たり前にお線香をあげられる息子さん、すごいと思います。だって思春期真っ只中!今までずっとお母さんの姿を見てきていて気づくものなんじゃないかな…って!
    植地さんが記事で旦那さんのことやお子さんのことを書かれる姿にいつも素敵だな、と思ってます。
    これからもスーパー植地編集長のその裏側が楽しみです!

    • 全然へっぽこなのにスーパー風にしてもらって、
      みなさんのおかげ様です。
      実際の裏はお見せできないほどの…
      もっと楽しくしていきましょう!
      コメントありがとうございました。

  • スーパー植地さんを奥さんに選ぶ旦那さん!
    きっと素敵な方なんだろな!って思っていました。
    今度旦那さんとのお話も聞かせてくださいね!
    いつも、フミヤ話は聞いているので。笑

    • 旦那さんは、案外普通の人でしたが、おかんがスーパーMAXでした。
      私はそちらに一目惚れしたのかもしれません笑
      あ〜いっぱいネタある。今後書いてみよう。
      義母を語るclubhouseやりたいかも。

      あとは生まれ育った場所が綺麗だったことかな〜。

      フミヤ話まだ全然不足です。

  • 声の出せないライブ。想像できないな~。
    どうしてフミヤさんがこれほど好きなのか私にも聞かせてください♪

    ご主人とフミヤさん。きっと通じ合っているのかもしれませんね。

    植地さんの底知れぬやさしさや行動力、生きる力。
    妹さんの言葉もやさしさいっぱい。

    こんなお二人を育てた植地母にもあってみたいなと思いました。

    • 池田さんありがとうございます。
      久留米という聖地に住んでいる池田さん、なんででしょうか。
      今度行きますので、沼に引きずりこみたいと思います。www
      植地母は、結構、厳しいですよ。
      だから、今のところ、命日にライブ行ったことは、内緒です。

  • あれから9年が経ちましたか。あの時の小さな子ども達は立派に成長していますから時の流れを感じます。
    私はいまでも思い出すのは、お通夜の時の植地さんの気丈な姿です。
    3人の子ども達をこれからしっかり育てていくんだと決意を感じました。
    わたしはチェッカーズのファンでしたが、フミヤさんの歌声は、グッときますよね。
    チェッカーズ、若いお母さんはきっと首を傾けるかな?

    • 田端さん、いつもありがとうございます。
      あまり記憶がなく、本当、3年間くらい記憶が飛んでいるんですよね。
      どうやって仕事に行っていたのか。
      子どもたちも、下の子なんかは理解できずにいただろうから。
      本当に周りの方に助けてもらっていました。
      恩返ししていかないとです。
      チェッカーズ、最近、またYouTubeなどのおかげで人気なのですよ。
      昔のフミヤさんにキュンした、若い方もライブ来る方多いです。
      イケオジブームです♡

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    植地宏美

    お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。