優しさ

外出を控えていて、娘たちと出かけることが少ない今日この頃。

今日は娘たちの用事で出かけるため、

久しぶりだから、ちょっと豪華なおやつにしようと

幼稚園から帰る車の中で、

「今日のおやつ、アイスかシェイクかクレープかケーキ、どれがいい?」と

次女に尋ねた。

すると

「ねぇねと一緒に決める」と。

私なら、自分で勝手に決めてしまうのに、なんて優しいのだろう!と

一人でキュンキュンしていた。

間もなくして長女が帰宅して同じ質問を問いかけると

「う〜ん、クレープとアイスだとどっちが安い?」と聞かれ、

アイスと答えると、「じゃあアイスでいいよ」と。

次女は人に優しく、長女はお財布に優しかった(笑)

結局は、マックを目にして気が変わりシェイクを手にした2人。

そんな出来事も、お出かけが少ない最近では、

いいエピソードに。

夏休みに体験した謎解きの報告に行き、

勾玉のカードをゲットしてご満悦の2人。

(アクリル板越しで、光が反射しているのはご容赦ください)

ABOUTこの記事をかいた人

わたし版「PARASOL静岡版」を発行しています。 わが家の先生は、9歳と6歳の 女の子。 大型二種、大型特殊の免許を持つ専業主婦。 本業は介護福祉士。