お月さまにお団子を。

19日、部分月食の満月の前日夕方、17時すぎ。
ぽっかり美しい大きな月が空に浮かんでいた。
娘が一言。

「あぁあ…お団子、作りたかったなぁ」

満月は“明日”であった。
よし!と思い、19日、私は上新粉を買って帰宅。

「お団子つくろ~」

特製・お月見団子。
お団子をゆでている間に、娘は「てがみ」を書いていた。

もう…。なんとも言えないや。

「おつきさんのてがみ よんでね。

おつきさん いつもはれにしてくれてありがとう

こんどからはれにしてね。

こっちからおもてもあるよ」

(裏)

「ころなかんせんがおちつきますように

むりにがんばらないでいいからね。」

晴れだと、気持ちいいし、たくさん外で遊べるものね。

コロナ感染が落ち着けば、大好きな埼玉の義母と会えるもんね。

お団子をもって2階のベランダから月を眺める。

「おだんご どうぞ いっしょに たべよう」

おっと、だいぶ欠けてるワ。なんで、欠けているのだろうネ。

20時前。

あっ。

まっくらよぞらに、まんまるおつき。

おかえりなさい。

まんげつさん。

……………………
子どもの世界の豊かさを思う。
昨日、車のなかから見えた、お寺にあるイチョウの木がまっ黄色。
青空によく映えていた。

娘が言う。

「おてらっていいよねぇ。

きれいよねぇ。

おてらって、いいね」

こんな瞬間、母の心にスーッと風が吹いてくる。

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)