お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

もしもう○こギャグを16万回言ったらどうなる?

うちの甥っ子 現在小6。ちっちゃな頃から四六時中、

う○こ・お○っこ・お○ぱいギャグを考えちゃー、自分で大爆笑している。

そんな甥っ子が、

コロコロコミック企画「もしも○○○どうなるのか?」に応募したところ、、、

なんと見事!

”優秀賞”に選ばれ、色紙や賞金・景品が送られてきたとのこと。

で、その優秀賞作品がこちら

「もしもウ○コが100万円で売れたら、どうなるのか?」

・・・・・

3歳から毎日50回う○こギャグを言ったとして、、

今小6だから、、ざっと計算すると・・・およそ16万回かぁ、、、、(何の計算!?)

で、、、優秀賞だってさwww

甥っ子面白すぎる。

 

2件のコメント

コメントを残す

ABOUT US
中村泰子
三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 したいことは、母娘旅行をすること。