卒業式の夜。もう二度とない夜。

  三男の卒業式でした。

お祝いにと、お友だちからバナナケーキが届く。
「お母さんにも食べさせてね」と(笑)。

ケンカしててもどんなときも、みんなで分ける。
細いところは少し大きめに、
仏壇の「元気」にお供えして、
その後また「元気」にもらって、それも分ける。

兄弟なのに、家族なのに、わかり合えないこともある。
兄弟だから、家族だから、許せないこともある。

だけど家族だから分かち合え、許せることもある。
言えないことも、言えることもある。そんな感じ。

折り紙のように折って焼くと、
陶器の鶴になる折り紙陶器。

六男と次女は、鶴にも「ケーキを食べて」と言う。
そんな夜。もう二度とない夜。

田川亜寿香/佐世保市
(お母さん業界新聞201804/MJコーナー)