お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「ママ」と「アンパンマン」、正しいのはどっち⁉

1歳半を過ぎて、急激に言葉が発達している最近の娘。

パパもママもアンパンマンも全部「まんま」だったのが、
「ババ」「マンマ」「パンマン」と、
なんとなく区別がつくようになってきた。

とはいえ、まだはっきりしない発音なので、
「ママ」と「アンパンマン」の聞き取りが、
ものすごく難しい。

ある日娘が「マンマ~、マンマ~」と言っていたので、
自分のことだ!と思って「はいはい、ママですよ~」と返事をしたら、
「マンマンマン!」(あんたちゃうわ! アンパンマンやし!)と、すごい剣幕で怒られた。

でもあっというまに正しく話せるようになって、
こんなやりとりはできなくなると思うと、
もう泣きそうになってくる。

とても貴重で、懐かしくなるであろう今。
切り取って額縁に入れておきたい今。

神澤瞳/名古屋市
(お母さん業界新聞201804/MJコーナー)

2件のコメント

>切り取って額縁に入れておきたい今。

そう思えることが、お母さんである一番の喜びだね。

でも、アンパンマンに負けてるね。

藤本さん。

負けてます笑
イヤイヤ期に片足突っ込んだ娘は、パパや兄とは手をつないでも母とは繋ぎたくありません。
パパが休みの日は、歯磨きだってお風呂だって『パパいい〜』です。
母親からの自立を目指しているようです涙

コメントを残す