コロナ疲れのお母さんへ「お母さん業界新聞」電子版・英字版を無料提供

#STAY HOME コロナ疲れのお母さんへ

「お母さん業界新聞」を無料提供

「ほっとした」「涙が出た」「元気になれた」子育てあるある記事に共感の声

宅ワーク社員に 電子版 を!   外国人支援に 英字版を!

        
お母さん業界新聞全国版4月号        同紙5月号 英字版

「お母さんの笑顔」をテーマに子育て支援歴30年のお母さん業界新聞社(横浜市/藤本裕子)は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、STAY HOME中のお母さん・お父さん社員を応援することを目的に、「月刊お母さん業界新聞」を無料で読める「電子版」提供サービスを実施。コロナ疲れの母親を救い、日常の笑顔を取り戻してもらうため、企業インフラを活用し両立支援の取り組みとして協力を求めるものであり、コロナ終息までの期間限定とする。

4月からスタートし、現時点で採用企業は50社に上る。メーカーからサービス業、病院や幼稚園など、上場企業から社員数名の会社まで業種業態、規模はさまざまだ。電子版を読む人は、お母さん社員、お父さん社員に限らずそのパートナーも。社長が「この新聞の対象は人間だ」と、全社員配信を決めた企業もある。

海外に拠点を持つ企業からは「海外の外国人社員とも共有したい」という声もあった。またコロナの影響を探る中、「日本に暮らす外国人のお母さんたちが、言葉がわからないことで不安を募らせ、孤立感を高めている」という声もあったため、急遽「お母さん業界新聞」の「英字版」をつくることとなった。

「英訳ボランティア」を募ったところ、3日間でプロアマ12人の翻訳家が集まった。タブロイド判8ページにわたる記事を分割して英訳。GW中の完成を目指している。「英字版」は、外国人社員を抱える企業や、外国人支援や国際交流団体へ呼びかけるほか、希望する個人へも提供したいと考えている。

引き続き「電子版」は、企業や団体を通じての配信を広く、呼びかけていく。

詳細は、以下をご覧ください。

プレスリリース電子版英字版
メディア掲載例
申込書

関連サイト
コロナ疲れの在宅社員を笑顔に。「お母さん業界新聞」電子版を無料提供します
コロナ禍の「お母さんの笑顔」でつなぐ。「お母さん業界新聞」英訳ボランティアさん急募!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。