「お大事に育ててくださいね」散歩先で言われた胸にしみる言葉

息子と神社を散歩していると、おばあさんが参拝されていました。

じーっとその後ろ姿を見つめる息子の存在に気づいたおばあさんがこちらに来られて、
「1 歳5 か月かしら?」とずばっと月齢を言い当てました。
聞けば、ひ孫さんが同じ年くらいだそう。

「歩くのが楽しい時期よね~」などと少し世間話をした後、
「お大事に育ててくださいね」と、にこやかに微笑んで、また参拝に戻られました。

おそらく80 代くらいでしょうか。
背筋をピンと伸ばし、ゆっくりと丁寧に神様にお辞儀されている姿を、今度は私も息子と一緒に見つめました。

子どもと散歩や買い物をしていると、
「今が一番大変よね」
「今が一番かわいい頃よね」
「お母さんがんばってね」
という言葉をよくかけていただきます。
ありがたい気持ちもありつつ、だからがんばりなさいと言われているようで、息苦しいときもありました。

ただ今回の「お大事に育ててくださいね」という言葉は、すっと染み込んできました。
なんでだろう?と考えるときもあるのですが、
後付けの理由を探すのは無粋な気がして、清々しい感覚だけを大事に胸にしまっています。

(お母さん記者・木綿萌)

DSC_0638