「はじめての日」×浜CHAN

横浜市多業種交流会「浜CHAN」のメンバーが、お母さん大学の活動に共感。
「はじめての日プロジェクト」の手話歌に挑戦した。

参加メンバーの一人、三戸究允さんは、
「一人じゃ恥ずかしいので子どもたちを巻き添えに」と親子で撮影。

まさに二度とないはじめての日に。動画はお母さん大学のサイトにも掲載。

お母さん業界新聞横浜版2021年2月号 ハ・ハ・コ・ミ NEWSより

動画はコチラから→「はじめての日」浜CHANバージョン

『浜CHAN』とは・・・

浜…横浜
C…CHANCE、CHALLENGE、CARE・・・etc
H…HEART、HUG、HOME、HARMONY・・・etc
A…ABILITY、ABLE、ACT・・・etc
N…NICE、NEED、NEW、NEXT・・・etc
各々が思う『浜CHAN』で良いというコンセプトのもと活動している多業種交流会。
今まで有りそうでなかった横浜市の医療と介護の事業所交流会。
まずは横浜市の5つの地域(旭区・瀬谷区・泉区・戸塚区・港南区)を中心に活動が開始した。
現在その活動は日本全国にも広がっている。
お母さん大学「はじめての日」手話歌はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。