子どもたちに音楽の本質を伝えたい~ヴァイオリニスト 松田理奈さん

3月28日、横浜関内ホールで開催された「きっず・meet・ みゅーじっく」に行ってきました。
世界をステージに活躍するヴァイオリニスト・松田理奈さんのオンステージです。
演奏するのはベートーヴェンやシューベルトといったクラシック。
「本物にしか伝えられない心があるから、子どもたちには、厳選した曲を聴かせたい」。

8歳の女の子のお母さんでもある松田さん。
「高校生の頃、母との関係に苦しんだことがあり、子育てには不安もありましたが、
娘の無垢な心、やさしさに触れ、この子のためなら何でもできると思えるように」。
苦手な料理も克服、「一緒に過ごす時間が音楽活動の原動力になっています」。

お客様と一つの空間をつくるのが松田スタイル。
コロナ禍では叶わないが、ヴァイオリンの傍に来てもらい、コミュニケーションしながらの演奏…
子どもたちの反応も楽しいのだそう。

「子どもたちには、音楽の素晴らしさはもとより、相互の思いを共有する大切さを伝えたいですね」。

母となり、さらにその思いは強くなったという松田さん。
足を運んでくれる親子のために、今日もやさしい音を奏でます。

( お母さん業界新聞横浜板 2021年5月号 MJレポート 取材・清水彩子)

 

松田理奈さん profile
●横浜市出身。3歳でヴァイオリンを始め、2010年独ニュルンベルク音楽大学院を主席で卒業。
2001年日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位他さまざまな受賞歴を持つ。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。