ぼくにしかできない子育て/大阪版パパスタイル

ぼくにしかできない子育て
大西史高(大阪市)

わが家には、中2、小4、もうすぐ3歳の娘がいます。
私は、20歳から15年間、高齢者施設や病院で介護職に携わってきました。
そんな日常に、子どもたちとの接点なんて、ほとんどありませんでした。
2018年に結婚。妻の2人の連れ子と、私との間に授かった娘と、
この年ぼくは、結婚1年目にして3人の娘の父となったのです。
しかし、結婚と同時期に心臓病を患い、3か月の入院をすることに。
医師からは「重いものは持てない」「少しの距離を歩くのがやっと」
「寝て過ごす生活が基本、これから生まれてくる子の抱っこも
大きくなるにつれ難しくなる」と言われました。
心臓に負荷をかけないためには、食事や運動を制限、勤めていた仕事も辞め、
自宅療養の日々となりました。
それでも娘が生まれると、医師から受けた注意事項はすべてふっ飛びました。
ぼくにとっては初めての子ども。
抱っこもしたいし遊び相手にもなりたい。
家族みんなでお出かけもしたい…。
いろいろな制限がある中、「子育て」という名のリハビリが始まりました。
ぼくがほかのパパさんと違うのは、基本24時間家に居るということです。
当然、子どもたちとの時間を多く持てるので、宿題を見たり、一緒に遊んだり…。
赤ちゃんのときからの成長を逐一見ることができる。
小さなことかもしれないけれど、そんなことがうれしい毎日となりました。
今は「にしよどこども食堂くるる」の運営をしながら、
代わりに働いてくれている妻の負担を減らすべく
家事の量を増やしたり、育児に力を注いだりしています。
劇的に体力がなく、家族に助けてもらってばかりですが
ぼくにしかできない子育てで、妻と3人の娘と一緒に
これからも目いっぱい楽しもうと思います。

(お母さん業界新聞大阪版2021年9月号掲載)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪