OYAKO HISTORY「母との新たな関係 母親同士の会話を楽しんでいます」

17年前の「親子の日」の写真。(Photo:親子の日 ©ブルース・オズボーン)

当時は気恥ずかしさもありましたが、今はこの写真が母の宝物である理由がわかります。私が息子を愛しく思うように、母にとっても私たち姉弟との大切な時間だったのだと。

親となり、自分がどれだけ愛されていたか気づきます。長男出産前に、夫とともに撮った写真を並べてみると、親から子へとつながっていくことに感動を覚えます。

3歳の長男と走り回って遊んでくれる母。昔から友だちが来ると、手づくりおやつでもてなしてくれました。今も孫たちの誕生日や行事のたびケーキを焼き、 ごちそうをつくってくれます。

子どもを産んでからは母娘としてだけでなく、母同士の会話ができるようになりました。私の弱音や愚痴に「私もそうだった」「あなたのときはこうだった」と話してくれる母。子育てのことは、何年経っても覚えているのですね。

娘時代は母の悩みや苦労など考えもおよびませんでしたが、知らなかった母の一面、新たな関係を楽しめています。子育ては大変なこともあるけれど、母のように、いつも笑顔のお母さんとして、息子たちの記憶に残っていたいです。

いい大人の私に「寒くない?」 などと心配してばかりの母ですが、90 歳の祖母も、母に同じ言葉をかけていました。いくつになっても、親は子を思うのですね。


2021年6月撮影(長男2歳、次男1か月)

(話/朝吹理世さん)
お母さん業界新聞2109 OYAKO HISTORY

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。