お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

スピーチ苦手💦

ある集まりでお母さん業界新聞の宣伝をした。

「どなたかこの機会にお話したいことありますか?」の呼びかけに

自称・秘書、実際はうかを動かす参謀Hが

強力な目力で行くよう命令、

もとい、うながす。

私の弱点を的確に言い当てるYさんも「逃げ道はないよ」的にうなづく。

勢いよく手を挙げるのと同時に飛び出していった。

みなさんの視線がささる~😅

一応、紙にまとめていったものの

やっぱり緊張で声はふるえるわ、

息継ぎできないわ、で超省略。

たった1分、されど1分😢

席に戻ると、Hは「うん、いい感じ。長さもOK」同い年とは思えない母のよう。

Yさんや同じテーブルの人は笑うのこらえてる。

あぁ、これから何度こういう試練があるんだろう😵

でも「さっきふるえてた子やな、がんばりや」なんて心配もしてもらえるし

これはこれでがんばった成果なのかも。

全国の仲間のこと思いながらがんばろう。

4件のコメント

宇賀さん

人前で話す時、堂々としているのもいいかもしれないけれど、
今のままがいいかも。
だって初々しさすら感じられるんだから。
経歴とのギャップがとても好きです。

みっこさん、ありがとうございます☺
さらっとすごいことおっしゃる(笑)
正直苦手なのでそのまま見てもらって
いいですよね

コメントを残す