お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

わたしごとmore/家族の笑顔を守るために、みんなの健康を考える 中山千秋さん

【わたしごとmore 02】

薬を勧めない薬剤師 中山千秋さん(東京都)

どんなお仕事ですか?

主な仕事は、薬を勧めない薬剤師として体質改善のカウンセリングを行っています。日本予防医学マイスター協会認定の予防医学士として、お客様の身体のお悩みに合わせて、食事や栄養、生活習慣から不調がなかった状態に戻すサポートをしています。「食べているものの栄養で身体は作られている」という予防医学の基本的な考えに基づき、お客様に寄り添い、一緒に考えていきます。カウンセリング以外にも、予防医学を学びたい方に向けて情報発信やカウンセラーのサポートも行っています。

お仕事を始めたきっかけは何ですか?

元々は大学病院で薬剤師として長く勤務していましたが、病気になったことを後悔する方、人生の最期を病院で寝たきりで過ごす方をたくさん見てきました。そんな中、自分が家族をもった時に、家族みんな健康で過ごしたい、健康であればどんなことでも出来るという思いが強くなり、「治療」の第一線からは退き、薬剤師として「予防」の大切さを伝えていく生き方を選びました。

仕事のやりがいや楽しさを教えてください

「予防医学」は価値ある生き方!これに尽きます。

予防医学のカウンセリングを通じて、お客様の人生に深く関わることができることは私の喜びです。特に女性特有のお悩みは、病院に行くほどではないけど我慢している、病院に行ったら薬は貰ったけど根本的な解決につながらなかったなど、今までどこに相談に行ってよいかわからなかったという方が多くいらっしゃいます。ダイエット、生理痛、不妊、更年期障害、便秘、冷え性、偏頭痛など、現状を紐解くと、お一人お一人の原因があります。その原因が分かれば、解決方法がちゃんとあります。その原因を特定して、根本からお身体の悩みが解決出来た時「出会えてよかった」「相談に来てみてよかった」という声に心が震えます。お客様から信頼を頂けたときに、やりがいを感じています。しかし、本当のやりがいは、私と関わって下さったお客様が一生涯病気にならず、健康で過ごせた時だと思っています。仕事は常に楽しいです!!はじめましてのお客様から、馴染のお客様まで、出会えたことに感謝の気持ちしかありません。

子育てと仕事の両立で意識していることはありますか?

一番難しいと感じていることは、時間のやりくりです。

長女が大きくなり、彼女のやってみたいことや夢ができました。全力で応援してあげたい気持ちはありますが、習い事の送り迎えや自宅での練習時間等の確保が課題です。今は夫と話し合って分担していますが、夫婦共々ヘトヘトになるときもあります(笑)

実は、自分で米も炊けない家事能力が低い夫でしたが、子どもが生まれてからは、料理、洗濯、掃除…なんでもこなせるスーパーパパに変身しました。子どもの力ってすごいですね。隠れた能力を引き出してしまうのですから。

とにかく家族でたくさん話し、子ども自身から今の気持ちをよく聞くようにしています。なんでそう思うのか?も大切にしています。子どもが自分で考えられる人になるよう、本人に優先順位を決めさせています。パパとは、子どもの様子や未来についてよく話し合っています。自立をサポートする目線で子どもの気持ちを尊重したいと考えています。

理想は「余裕がある素敵なママ」でしたが、現実はそうはいきません。時間に追われて仕事をこなし、お昼ご飯も取れないことも。それでも、保育園の延長時間ギリギリに迎えに行って子どもたちの笑顔を見たら、疲れが吹き飛びます。そこからはお母さんモードに切り替えて、晩ご飯の材料を買ったり、一緒にお風呂に入ったり。次女のイヤイヤ期にはそのお風呂さえも嫌がって困りましたが、お風呂の中で大好きな果物を食べる「もぐもぐタイム」をつくり、乗り越えました。非常識かな?と感じることも、子どもが楽しく過ごせるためなら、わが家の常識に置き換えることも。人に迷惑をかけなければいいかなと思います。

ご主人の瑞貴さん、照月(ひかる)ちゃん(5歳)、晴日(はるひ)ちゃん(2歳)

子育て真っ最中だからこそ思うこと

子どもがいるから、お母さんだから、感じることが仕事に生きていると実感しています。
お母さんの気持ちに心から共感出来ること、お子さんがほしい気持ちやお子さんの健康について悩む気持ちが手に取るように分かります。それは、自分が母になり、はじめてわかったこと。子どもの肌をきれいにしてあげたい、これからの未来が明るいものであってほしい、そう願うのはお母さんだから。

カウンセラーとして、自分が経験したことないことも共感したり、受け止めたり出来ますが、「お母さん」になったことで確実に人生経験の幅が広がりました。子育ては思い通りにならないことばかりなので、大抵のことには驚かずに対応できるようにもなりましたので…(笑)

これからの目標や夢はありますか?

夢は47都道府県制覇!
子どもと一緒にホームステイもしたい。

家族みんな健康で、人生の最期を老衰死で迎えること。
日本の死因第一位を老衰死に!

パパは、マイホームをもう一度建てたいそうですので、それも(笑)

家族は安心安全な場所。
港のように、子どもたちが帰ってきたい時にいつでも無条件に受け入れられる場所でありたいです。

 

Work Style▶ 新商品や会社についてのメディア対応や社内への周知伝達など広報業務/月20日勤務1日8時間(うち1時間休憩)/基本9:00~18:00、土日祝・年末年始休み

座右の銘▶一期一会。諦めなければ夢は叶う!

ご主人の経営する美容室 hair and care Sun MOON は、エイジングケアに特化したサロンで、
美容室&体質改善&肌質改善で人生をトータルサポート
千秋さんは体質改善の専門家として所属しています。

https://www.sunmoon.tokyo/inner-body-care/

 

 

 

コメントを残す

ABOUT US
植地宏美
お母さん大学横浜支局。 お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜2021.12)。 長女20歳、長男16歳、次男13歳。 お母さん大学をものすごく、楽しんでいます。 結果、 お母さんをものすごく、楽しんでいます。