お母さんの夢、いっぽ先の未来へ◆乾杯19日前

ずっと、出会うお母さんに、夢を聞くのが、私の仕事だった。
が、いつしか、お母さんたちに夢を聞かなくなった私。

と、手抜きの藤本さん。

いや、お母さんたちには、夢を描き、アクションすれば必ず叶う!ということだけ伝えればいい。
大事なことは、お母さんの夢の、いっぽ先の未来を見つめること。

お母さんが本当に笑顔になれる夢とは…。

そんなことを、7月30日に、みんなと語り合いたい。

そうそう、たくさんのお母さんたちに夢を聞いてきたのに、自分の夢を描くのを忘れていた。

いや、私の夢は、日本中のお母さんが笑顔になることだから、ずっと夢ING。

お母さんたちの笑顔を想像しながら、露天風呂に入って、美味しいビールが飲めたらそれで幸せ!

けど、人に夢を描けと言うなら、己も描けと、天の声。

はい。私の夢は…

私が差し出した「お母さんを笑顔にする活動」のバトンを、取り合いするお母さんたちであふれること。

そしたら、私は、一番後ろからみんなについていく。
絶対におしりぺんぺんなんてしないで、静かにしておくから。

私の夢、叶えてください。(自分で叶えろ!って)

あ、夢、もう2つあるんです。

その話は、7月30日に!

7月30日は「お母さんが夢に乾杯する日」
お母さん百万人の夢宣言はコチラから

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール