あのね、かあさんが すきなのよ

17年前、当時全国最高齢(101歳)の篤志面接委員、黒田久子さんと対談した。
姫路少年刑務所で47年間、3000回超の受刑者面接をし社会復帰をサポート。
小柄な黒田さんが、罪を犯した若者たちに、真摯に向き合う姿に感動した。

まもなく出所する受刑者一人ひとりに「一生懸命育ててもらったのにこんなことになって、親の苦労もわからんと。
親はな、どんな子も待ってくれるんや。
わがままは許せへんで」と、本気で叱る人だった。

だが受刑者には、待っていてくれる親がない人も、
親に愛されたことがない人も、少なくない。

奈良少年刑務所詩集『空が青いから白をえらんだのです』(寮美千子著/新潮文庫)を読んだ。
詩の作者は、強盗、殺人、レイプ…凶悪な罪を犯した受刑者の言葉とは思えないほど、やさしい作品ばかり。

著者の寮美千子さんは、奈良刑務所から依頼され、受刑者の更生プログラムとして、童話や詩を使った授業を担当。
3回の授業では童話を読み、詩を書き、みんなで読み合った。それだけで、受刑者たちが驚くほど変わっていったという。

詩を書く時間は、唯一自分と向き合う時間。
大切なのは、彼らが綴った言葉を、仲間と共有すること。
読み合う中で、一人ひとりが主役となり、さらに仲間が共感してくれる。
彼らは、そのとき、生まれてはじめて人に認められる経験をするのだと。

家庭では育児放棄を受け、学校では落ちこぼれの問題児といわれ、
心が育たないまま悪の道へ。

中にこんなエピソードがあった。童謡の授業で『ぞうさん』を歌おうとしたとき、「歌を知らない」と拒んだ彼は、幼稚園にも小学校にも行っていなかった。

「ぞうさんの歌も知らないまま育つ子どもがいるなんて…」著者は、
言葉を失ったという。

孤立した社会の中、親の虐待や学校でのいじめなどで、
心に傷を負う子どもたちがどれほどいるだろうか。
本来なら家庭が、わが子の一番のセーフティネットであるはずなのに…。

「ぞうさん/ぞうさん/おはなが ながいのね/そうよ/ かあさんも/ながいのよ」には、「鼻が長くて変だねと言われても大丈夫。かあさんと同じだよ」と、偏見に負けない心を、子象に伝える母象。

作者のまど・みちおさんは私たちに、お母さんが守ってあげれば、
子どもは安心して生きていけると、教えてくれている。

詩集『空が青いから~』に並ぶ、母をうたった詩の数々。
みんなこんなにも母さんが好きなんだと、子の愛を知って、涙があふれた。

お母さん業界新聞2021年4月号 藤本裕子編集長コラム・百万母力