朝日新聞効果で、あわや「おばあちゃん業界新聞」誕生か⁉

5月6日、朝日新聞全国版に
子育て情報 笑顔つなげ30年 月刊『お母さん業界新聞』
という見出しで大きく紹介された。

詳細はコチラ

記事には、新聞のコンセプトから、創刊したきっかけ、
折々おしゃべり会、わたし版の魅力、
さらには、育休支援プログラム、電子版まで紹介されるという、
まさに、30年間の私たちの活動を
朝日新聞の紙面で総括してくれたような記事だった。

取材してくれた朝日新聞の松尾記者も、
3人の子どもを育てながらペンを持つお母さん記者。

大阪・横浜と2エリアの取材、わたし版編集長たちのインタビューまで、
丁寧な取材をしてくれた。
新聞社の規模は違うけど、母・新聞という共通項で、
私たちに共感してくれたのだろう。感謝!

松尾記者は、記事の最後に私のこの言葉で〆てくれた。

「新聞づくりは、究極の人材育成である子育てを楽しむための方法。
お母さんが笑顔になれば、子どもの笑顔につながる」という

一番、伝えたかったことがしっかり。ありがとうございます。

が、最後の最後に、もう一言コレがあった。
「私はいずれ『おばあちゃん業界』をつくりたい」

半分、冗談で言った言葉が、記事の最後の言葉に…。

いやな予感がした・・・(笑)

その日から、早速、私世代?のお母さんたちから問い合わせが殺到。

秋田の方からは、
「朝日新聞を見て、感動しました。
私、まだまだ、伝えたいことあるのよ、年齢制限ある?」と。
そして、『おばあちゃん業界新聞』をつくりますと。

80歳を超えているとお聞きした。

早速、デザイナーの金子に
『おばあちゃん業界新聞』のフォーマットをつくってもらい、
秋田の先輩お母さんに、新聞とお手紙を入れて送った。

朝日新聞の松尾記者には、
掲載のお礼と、たくさんの反響をいただいていること、
『おばあちゃん業界新聞』が誕生したら、責任を取って再取材してください。
とメッセージ。

すると・・・

松尾記者よりお返事が。

「おばあちゃん新聞」創刊のあかつきに、しっかり責任をとらせていただくこと、心から楽しみにしています。朝日新聞 松尾