ふんふんなんだかいいにおい(こぐま社)

この本は、子どもの頃、母が古本市で買って読んでくれた思い出の絵本。

自分と登場人物(動物?)に2つの共通点があり、「私のための絵本だ!」と当時思っていたのを覚えている。

共通点1つ目は主人公の名前が「さっちゃん」という点。
2つ目は、オオカミの子のお母さんが死んでしまっていないこと。私の場合はお父さんだったけど、さっちゃんにもオオカミの子にも自分を重ねて、最後にはいつも、寂しいけれど暖かな気持ちになった。

娘にも気に入ってもらえたらと、約1年、図書館で借りて置いておいて返してまた数週間後借りて…を繰り返してきた。

ようやく最近読んでほしいと持ってくるように。

娘は完全にさっちゃんになりきっていて、動物たちが近づこうとする描写があれば「ちがーう!」「ダメ!」と制止。
まだ、オオカミの子にお母さんがいない場面はきょとんとしているので、少しずつ変わるだろう反応を楽しみにしている。

この絵本は長くつきあえそうだ。

ふんふんなんだかいいにおい(にしまきかやこ/こぐま社)

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

MJプロ│お母さん歴約6年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母│たまにお母さん大学本部公認“企画担当” 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、体×心×頭を整えてやりたいことバランスよく挑戦するお手伝いもしています。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガインストラクター│和みのセラピスト│ライター。 *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/