断捨離?それとも懐古?

私の本棚の整理に入ったら、昔の資料関係が整理されない状態である。子育て中には自学習はもっぱら読書であったし、子どもの小学生時代は家庭教育学級と算数サークル。

そこでは専門家や色んな教師の考え方に興味を持ったな~などとついつい読みふけってしまうのだから整理しているのやらしてないのやら・・・である。

年末に娘が来て色んな話題になった時、「ジャガイモを土に埋めたらどんな変化が…という問題があってね。その時のお母さんの答えが忘れられなかった・・・」と言った娘に、「へ~そんなことあったの?」と一緒に爆笑したが、その記録ノートが出てきて、その会話集は我が家の家族の会話が笑いの中心だったことを再発見。

娘がどうも算数の理解が足りないとわかったころの母と子の会話集が中心であるが、社会や理科、そして国語の問題も出てきてそれはそれは楽しい時代だったと回想中。

ABOUTこの記事をかいた人

池田美智子

読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。 令和元年、初孫誕生でパワー再燃中