「親子の約束」で考える。手を離すのは、親から? 子どもから?

ピアノが休みだと言って、
私にナイショで休んだ三女、中学生。

こんな日に限って不思議なことに、
偶然に、翌朝ピアノの先生と出会う。

メールで「休みます」って連絡きたよ、と先生。

勝手にメールしたことを怒っているわけじゃない。
ピアノを休んだことを怒ってるわけじゃない。
そんなこと、今までも怒ったことはない。
嘘をついたこと…それが許せないだけ。

春休みで、自由な雰囲気Max。
友だちとのラインでのやりとり。
約束の時間を過ぎても終わらない。
2度声をかけたが、終わらない。

今まで容認してきたせいもある。
でもさすがに、今日はアウト。
ケータイ没収!

反抗期。
親との関わりがめんどくさいのはわかる。
無視だろうと、反抗だろうと、いくらでもどうぞ。
でも、嘘とルール違反はダメでしょ。

ナイスなタイミングでピアノの先生と会うなんて、
どれだけ守られてるのよ、うちの三女。

私 「許しちゃいかんことって、ありますよね
先生「うちの娘もあったよ。
許しちゃいけないことあるよ。
がんばれ。でも、刺しちゃいかんよ」
私「えっ? (^^;;」

ナイスな先生に、
親子共々見守られ助けられてます( ^ω^ )

「嘘をついたつもりはなかった」と、意外な表情の三女。

私との対話がめんどくさかったんだろうな。
でも、言葉は適当に使わないように。
その小さな習慣が、当たり前になってしまうから。

その反抗期、
親から自立したくてイライラしてるんでしょ。
なら、親からの信用も獲得してよね。

あともう少しかな。
この手、離す日は。

その後…

ケータイの使用時間、
約束を守らなくて悪かった、と
素直に謝ってきたから、私もすぐに許すことに。
3日はケータイを没収しようと思っていたが、
24時間も経たないうちに返す。

でもピアノの件は、
嘘、ついたつもりはないから、謝らない。

そんな三女に、私が怒りすぎかと思えてくる。
私の心配は、もしかしたら必要ないのかなぁ。

この手、今 離しても大丈夫なのかも。
もしかしたら私が、離せないだけなのかもしれない(^^;;。

(お母さん記者/川田理佐子

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。