娘が眠ったあとに気付くこと。

寝苦しい夜だって、娘のお母さん大好き!は、止まらない…

腕にキスして、「くさい!」って爆笑したり。(笑)わざわざわたしの体に自分の体を押し付けてくるから、「もう暑い…もういいやん、、寝なさい!」って言ってしまい、いじけながら深い眠りについた娘…

しばらくすると、何故かざわつくわたしの一番大事な胸の奥。可愛い可愛い寝顔を見てると、今日向き合えなかった自分が見え隠れする。

そしてまた娘と明日元気に遊びたくなる。

みゆうさん、今日もお疲れさま!いろいろごめんなさい。ありがとう。

そして、明日もどうぞよろしく!

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)