「私がやる!」は「ママのために」の大切な気持ち

末っ子イチカ(4歳)

3番目なので、ついついあまやかし気味の私。

それでも、勝手に育っていくもので、、

最近は手出し口出ししようもんなら、「いっちゃんがやる!」と力強い言葉が返ってきます。

マンションの鍵あけもその一つ。

たいていバタバタと夕方にお迎えに行き、
バタバタと買い物を済ませて帰ってくるので、

急いで部屋にたどりつきたいところなのですが、、、、

やらせないと余計に時間がかかるので、、、
急いでいるところをフーっと一呼吸してお任せします。

ちょっとコツのいる鍵のため、
大人もできないことがあるのですが、

懲りずに何度も何度もチャレンジするイチカさん♪

できたときの満面の笑み!

「ママ、ありがとうって言ってね」とすかさず言うイチカ

「ありがとう、いっちゃん」と言うと

ウフフ♪と嬉しそう。

「私がやる!やりたい!」はママのためだったんだなぁ。

急いでいるときは、ついつい「また今度ね」と言いがちになるけれど、

あなたの大切な気持ちを損ねないようにしたいな~とつくづく思うのでした。

またお願いしますね、いっちゃん。

 

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪