お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

さよなら、お皿さん

久しぶりに離乳食で使っていたお椀型のお皿を使用。

うーん、オレンジの部分が洗ってもべとつく。

プラスチックが溶けてきてるのかな。

友人から出産祝いにといただいた離乳食食器セット。
他のものはまだ大丈夫なので、置き場所や使用頻度などの問題なのかも。

生後8か月あたりの全然食べてくれなかった頃も、
がっつり食べるようになってからも、
お世話になったお皿さん。
最近は陶器ばかり使ってたので出番がなかったお皿さん。↑娘生後6か月。はじめの1ヶ月は食べてました。

娘に、お皿さん洗ってもベタベタしてもう使えないからさよならすると伝えたら、
「さよならお皿さん、またね」とお別れ(本当はまたね、は難しいのだけど…)。

お皿さん、どうもありがとう!
少し寂しい私です。

2件のコメント

いいお別れの言葉を一緒に言えましたね。
なんでもこんな風にお皿ともお友達になり、そのお友達に感謝してお別れする大事さ。
これが心の芯を作ってくれるはずです。

みっこさん、ありがとうございます!
お礼をしてお別れする感覚がずっと残ってほしいなと思っています。
まぁ娘より私の方が、苦労をともにした友人と別れるようで、感慨深かったです。

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/