今年こそは!お父さんと親子の日。

7月22日、親子の日。

娘、夫と3人で、親子の日撮影会へ行くことができました。

 

去年はじぃじと私の姉に付き添ってもらい、娘と二人での撮影。

カメラを向けられていることに気付くと、

なぜか真顔になる娘。

去年は、それをなんとか笑わせようとしてくれる、

会場の皆さんの空気に助けられました。

 

それが今年は…

お父さん(夫)の運転で一路東京へ。

忘れもの、ナビと息が合わない、などのハプニングを乗り越え

会場へ。

東京は道がムズカシカッタ…

 

あたたかく迎えていただき、順番を待っていると、

そこへ、いつもお母さん業界新聞を読んでくださっていて

そこから親子の日に応募したというお母さんが。

お兄ちゃんと、まだ小さな妹ちゃん。

お母さんが、書類に記入が終わるまで、ちょこっと妹ちゃんを

抱っこさせていただきました。

 

まだ出会っていないけれど、どこかで毎月、私たちの新聞を待ってくれている人がいる。

そう思えたら、たまらなく嬉しかったです。

 

去年はまだ小さかったから、抱っこでの撮影でした。

でも今年は、立てるぞ娘!\(^-^)/

色々動いて、笑顔も咲いた!

会場の皆さんのあたたかさは変わらない…。

 

去年、初めてこの撮影会に参加してから、

私は「親子」という単位をとても尊く思うようになりました。

世界で1番小さな、密接な、人とのつながり。

この世に生を受けた人全てが持つつながり。

 

もっともっと、親子の日が広まりますように。

 

さぁ、出来上がりが楽しみです。

 

帰り道、灼熱の熱さの駐車場で、

大使館の壁を「あちち」とさわって大満足でした。

また撮りたいね!

ABOUTこの記事をかいた人

◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住 ◇1人娘のお母さん ◇わたし版「pokke版」 ◇夫は10歳年上 ◇放課後児童支援員 ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私のお母さん大学キャッチフレーズ ◇「母時間ラジオ」パーソナリティ