やさしいお母さん

休み明けの出勤で、
ママ友でもあるスタッフKちゃんとの会話。

私「夏休みって、なんでこうも家事の効率が落ちるのかなぁ?」

Kちゃん「わかる~!子ども達に手がかかる年代でもないのに、
そこにいるってだけで、なんか集中出来ないんだよね」

私「そうそう!学校行ってるときならサササって終わる用事も
予想以上に時間がかかって、超ロスな気分」

Kちゃん「手はかからないけど、子どもの存在を気にしてるってことかな?」

私「そうなのかな~、まぁ確かにそこにいるってだけで気にはなるよね」

Kちゃん「な~んだ、私たちって子どもたちのことを常に気にしている
『やさしいお母さん』なんだね~」

私「そうか~!そうだね、優しいのね~!」

二人:(笑)

 

同じことを思う、世の中のお母さ~ん!
私たちは『やさしいお母さん』なんですよ~~~!!!!(笑)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。