息子にあまい

わが家のルールの一つに、
給食セット等の洗い物は、夕飯の片付けをする前までに
洗い場に出すこと!
というものがある。

夕飯の片付けが終わったあとに出した場合は、
自分で洗うことになっている。

私が洗いものをしていると、いそいそと出して来る息子と、
出し忘れて、翌日朝に何事もなかったように出して来る娘と、
知恵の働き方が姉弟でも違う。

先日、夕飯の片付けが終わったあと、
洗い物を出して来た息子。

でも、洗い場にまだ洗っていないモノがあるものを見つけて
「ママ、まだ洗い物あるなら、オレの給食セットも洗ってくれる?」
と聞いて来た。

ん~…
どうせ洗う手間は一緒だから、別にいいか!

と思って、「いいよ」と返事をした私。
そこにパパが一喝!

「あまい!あまい!
ホント、お前は息子にあまいな~~!」

へ?あまい?
そうなの?
自覚ゼロ(笑)

「これが娘だったら、自分でやらせるだろ?」

・・・確かに。
娘だったら、
「えぇ~、自分でやってよ~」
って言ってる(笑)

それを聴いていた娘がひとこと
「扱い、雑じゃない?」(笑)

いや~、雑にしてるつもりはないんだけど・・・
なんでだろうね?

理由はよくわからないけど、
改めて息子にあまい自分を、再発見したのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。