帰りたいけど帰れないお山の暮らし

もう、一週間以上お山の暮らしに帰っていない。

管理された白くて四角い部屋と実家で過ごす毎日。

白い部屋には、虫もいないし草も生えてこない。

だから、蚊取り線香もいらないし、草刈りも必要ない。

同じ時間に食事が用意され、同じ時間に検査がある。

そんな私に、主人が

  • お山の様子をメールしてくれた。

読んでるうちに涙がにじんだ。

こちらの状況は,

柿酢:発酵は落ち着いてきました

干柿:天気が良い時に外に出しましたが,ヘタが取れて2つ地面に落下しました

糠床:今日,かき混ぜときました.茄子一個が入ったままです

紫蘇:実を醤油漬けにしました.美味しければ,さらに作ろうと思います

その他:カマキリが雨樋を支えている部分に卵を産みつけていました

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。